よくある質問

自作ターゲットにICDをどのように接続するのですか?

ICD-UはRJ12 コネクターを持っていますので同梱されている RJ12ケーブルで プロトタイプ・ボードに接続して下さい。もし、プロトタイプ・ボードにRJ12 ICD接続を加える場合は、下記のピンアウトになります:

ICD to Target Connections

ICD-Uからターゲットに接続
ICD ターゲット ピン説明
1 6 ターゲットのPIC® MCU上のピンB3 - これはオプションでC言語リアル-タイム・デバッガのために使用されます。
2 5 (ICSPクロック)ターゲットPIC® MCUのPGC(多くのデバイスでB6)
3 4 (ICSPデータ)ターゲットPIC® MCUのPGD(多くのデバイスでB7)
4 3 Ground (GND)
5 2 ターゲットVDD
+5VターゲットからICD. ICDはこのピン(5V)から電源供給され、そして、ICDは信号(3V-5V)をプルアップするために使用します。
ICD-Uは信号(3-5V)をプルアップするために、そして、もし、ジャンパーを正しい位置にセットしますと ターゲットのPIC® MCU、又は、PIC® DSCこに電源供給します。
2pinのショートピンを3.3VとTarget Vdd間に接続すれば3.3Vが供給されます。
2pinのショートピンを5VとTarget Vdd間に接続すれば5Vが供給されます。
*ケースを開けて自己責任で行って下さい。
通常はターゲットに外部電源供給します。
6 1 MCLR
ターゲットのPIC® MCUのMCLR/VPPピンに接続され、そして、 47K抵抗でターゲット・ボード上で+5Vにプルアップされます。 ICD はチップ・プログラミング中これを+13V、 又は、PIC18J® MCU, PIC24/33® MCU, 又は、dsPIC® DSC プログラミング中は+5Vで駆動します。MCLRでコンデンサーは使用しないで下さい。プログラミング に問題を起こすことがあります。
ICDのソケットはプログラマ・ユニット上のピンアウトです。ターゲットのソケットはターゲット/プロトタイプ・ボードのピンアウト; このピンアウトはCCSから供給されているRJ12ケーブルを使うことで対応されます。

ターゲット側に記載の6種のピンが存在しないデバイスの場合はどのように接続すれば良いですか?

  • ICD-UはUSBから電源供給されますのでICD-Uのピン5とターゲット上のピン2を接続はしないで下さい。
    ICD-Uはこの接続を電源値をプルアップするために使用します。これはケースを開けてジャンパー・ピンを正しく接続して下さい。※自己責任で行って下さい。

Target ICD Circuit Schematic

ターゲットICD回路図

  • イン-サーキット・プログラミングとデバッギングを使用するために、I/Oピン B6とB7はPIC® MCU又は、PIC® DSCでリザーブされます。 もしデバッグを行わない場合はこれらのピンはターゲット回路に使用することが出来ます。 しかし ターゲット回路がプログラミング中にハイ・インピーダンスを持っていることに注意して下さい。 しかし有る種のPIC® MCU又は、PIC® DSCはピンB6とB7 をプログラミングとデバッギングに使用しません。常に各デバイスの データシートで正しいプログラミングとデバッギング・ピン を見て下さい。 以下のテーブルにリストされているPIC® は異なったプログラム・ピンを使用します。
プログラミング/デバッギング・ピン
PIC® MCU クロック・ピン データ・ピン
PIC12F629 GP1 GP0
PIC12F675 GP1 GP0
PIC12F683 GP1 GP0
PIC16F630 RA0 RA1
PIC16F676 RA0 RA1
PIC16F684 RA0 RA1
PIC16F688 RA0 RA1
  • ピンB3 はオプションです。そして、プログラミングには使用しないで下さい。しかし、デバッガのモニター機能はB3 を使用します。モニターを使わないでプログラムとデバッグする場合はB3 をターゲット・ハードウエアに割り当てることは可能です。もし、モニター機能を使用しない場合は、ユーザー・ストリームをConfigure Tab でディスエーブル[Configure Tab→Enable Userstream→False]にすることが出来ます。そして、ICD-Uのピン1とターゲット・デバイスのピン6 の接続は問題にはなりません。古いバージョンのソフトウエアではConfigure Tab を使ってユーザー・ストリーム[Enable Userstream]をディスエーブル[False にする]出来ませんので、ピンは常にハイにプルアップする必要があります。B3はモニター機能のために推奨されていて PIC® MCU又は、PIC® DSCのすべての ピンはこの機能をサポートしています。

  • MCLR ピンはプログラミングとデバッギングに使用されます。プログラミング中、MCLRピンは+13Vを供給します、又は、PIC18J® MCU, PIC24/33® MCU 又は、dsPIC® DSCでは+5Vを供給します。ターゲット側のMCLR 回路のプルアップ抵抗は47k〜33k オームの範囲を推奨します。+5V への47K の抵抗はPIC® MCU又は、PIC® DSCの+13Vアイソレーションとしては十分です。しかし、もし、何かがMCLR ピンに接続されている場合は13Vが障害や干渉をしないように気をつけて下さい。

  • 低電圧プログラミング・モードを使ってのプログラミングは出来ません。CプログラムでNOLVPヒューズを設定する必要があります。
    例:ソースで#FUSE NOLVP

  • もし、ICD-Uをターゲット・デバイスのデバッグのために使用するためにはターゲット・チップのオシレータはICDがデバッガとして動作するために動作(発信)していなければなりません。ICD-UはPIC® MCU又は、PIC® DSCのプログラミングをオシレータなしで行うようにクロック信号をジェネレートします。

  • 下記のようなある種のチップは標準のバージョンではデバッギング機能を持っていないチップです。デバッグのためには特定のICDバージョンのチップが必要です。ICDチップは標準のチップより多くのピンを持っています。
ICDデバッギング・ヘッダーの参考例:
PIC® MCU PIC® MCU-ICD
PIC10F200/2/4/6 PIC16F505-ICD
PIC10F220/2 PIC16F506-ICD
PIC12F508/509 PIC16F505-ICD
PIC12F510 PIC16F506-ICD
PIC12F519 PIC16F526-ICD
PIC12F609/HV609 PIC16F616-ICD
PIC12F615/HV615 PIC16F616-ICD
PIC12F629 PIC12F675-ICD
PIC12F635 PIC16F636-ICD
PIC12F675 PIC12F675-ICD
PIC12F683 PIC12F683-ICD
PIC16F505 PIC16F505-ICD
PIC16F506 PIC16F506-ICD
PIC16F526 PIC16F526-ICD
PIC16F610/HV610 PIC16F616-ICD
PIC16F616/HV616 PIC16F616-ICD
PIC16F627A/628A PIC16F648A-ICD
PIC16F630 PIC16F676-ICD
PIC16F631 PIC16F690-ICD
PIC16F636 PIC16F636-ICD
PIC16F639 PIC16F636-ICD
PIC16F648A PIC16F648A-ICD
PIC16F676 PIC16F676-ICD
PIC16F677 PIC16F690-ICD
PIC16F684 PIC16F684-ICD
PIC16F685/687 PIC16F690-ICD
PIC16F688 PIC16F688-ICD
PIC16F689/690 PIC16F690-ICD
PIC16F716 PIC16F716-ICD
PIC16F785/HV785 PIC16F785-ICD
PIC18F13K50 PIC18F14K50-ICE
PIC18F14K50 PIC18F14K50-ICE
PIC18LF13K50 PIC18LF14K50-ICE
その他のデバイス 上記と同様にデータシートを参考にして下さい。

CCS コンパイラ・デバイス・データベース[Compiler Device Database]: PICCインストール・ディレクトリにある実行可能ファイル "chipedit.exe"を開きます。左列リストでサポートされている全てのデバイスからターゲット・デバイスを選択します。 "ICSP Pins"を見つけるためにはデータベースエントリの"Tools"セクションを展開して下さい。下にピンク色で強調表示されています。