よくある質問

自作ターゲットにICDをどのように接続するのですか?

ICD-UはRJ12 コネクターを持っていますので同梱されている RJ12ケーブルで プロトタイプ・ボードに接続して下さい。もし、プロトタイプ・ボードにRJ12 ICD接続を加える場合は、下記のピンアウトになります:

Load-n-Go to Target Connections

Load-n-Goからターゲットに接続
Load-
n-Go
ターゲット ピン説明
1 6 PIC® MCU又は、dsPIC® DSC MCU のピンB3 - これはオプションでC言語リアル-タイム・デバッガのために使用されます。
2 5 PIC® MCU又は、dsPIC® DSC MCU のピンB6 - ICSPクロック
3 4 PIC® MCU又は、dsPIC® DSC MCU のピンB7 - ICSPデータ
4 3 Ground (GND)
5 2 Power (VDD)
  • Load-n-Go信号(3-5V)をプルアップするために、そして、もし、ジャyンパーを正しい位置にセットしますとターゲットのPIC® MCUに電源供給(5V)します。*ケースを開けて自己責任で行って下さい。通常はターゲットに外部電源供給します。
6 1 MCLR
  • ターゲットのPIC® MCU又は、PIC® DSC へ接続され、そして、 47K抵抗でターゲット・ボード上で+5Vにプルアップされます。 Load-n-Goはチップ・プログラミング中これを+13V、又は、 PIC18J® MCU, PIC24/33® MCU, 又は、dsPIC® DSCプログラミング中は+5Vで駆動します。 MCLRにコンデンサーは必要ありません。もし、付けるとLoad-n-Go に問題を起こします。
  • Load-n-Goはハンド-ヘルド・プログラミングのために使用される間はUSB、又は、4 AAバッテリーから電源供給されますが、 しかし、USB接続のためLoad-n-Goのピン5とターゲット上のピン2を接続しないで下さい。 1つの理由はLoad-n-Goはこの接続を電源値をプルアップするために使用します。 その他の理由はLoad-n-Goはターゲット・ボード +2.5V, +3.3V, 又は、+5.0V を供給します。 これはケースを開けてICDコネクターの隣のジャンパーでジャンパー・ピンを正しく接続して下さい。※自己責任で行って下さい。

Target ICD Circuit Schematic

ターゲットICD回路図

  • イン-サーキット・プログラミングとデバッギングを使用するために、I/Oピン B6とB7はPIC® MCU又は、PIC® DSCでリザーブされます。 もしデバッグを行わない場合ピンB6とB7をターゲット回路に使用することが出来ます。 しかし使用する場合はターゲット回路がプログラミング中にハイ・インピーダンスを持っていることに注意して下さい。 しかし有る種のPIC® MCU又は、PIC® DSCはピンB6とB7 をプログラミングとデバッギングに使用しません。常にデータシートで正しいプログラミングとデバッギング・ピン を見て下さい。 以下のテーブルにリストされているPIC® は異なったプログラム・ピンを使用します。
プログラミング/デバッギング・ピン
PIC® MCU クロック・ピン データ・ピン
PIC12F629 GP1 GP0
PIC12F675 GP1 GP0
PIC12F683 GP1 GP0
PIC16F630 RA0 RA1
PIC16F676 RA0 RA1
PIC16F684 RA0 RA1
PIC16F688 RA0 RA1
  • ピンB3 はオプションです。そして、プログラミングには使用しないで下さい。しかし、デバッガのモニター機能はB3 を使用します。モニターを使わないでプログラムとデバッグする場合はB3 をターゲット・ハードウエアに割り当てることは可能です。もし、モニター機能を使用しない場合は、ユーザー・ストリームをConfigure Tab でディスエーブル[Configure Tab→Enable Userstream→False]にすることが出来ます。そして、Load-n-Go のピン1とターゲット・デバイスのピン6 の接続は問題にはなりません。古いバージョンのソフトウエアではConfigure Tab を使ってユーザー・ストリーム[Enable Userstream]をディスエーブル[False にする]出来ませんので、ピンは常にハイにプルアップする必要があります。B3はモニター機能のために推奨されていて PIC® MCU又は、PIC® DSCのすべてのピンはこの機能をサポートしています。

  • MCLR ピンはプログラミングとデバッギングに使用されます。プログラミング中、MCLRピンは+13Vを供給します、又は、PIC18J® MCU, PIC24/33® MCU 又は、dsPIC® DSCでは+5Vを供給します。ターゲット側のMCLR 回路のプルアップ抵抗は47k〜33k オームの範囲を推奨します。+5V への47K の抵抗はPIC® MCU又は、PIC® DSCの+13Vアイソレーションとしては十分です。しかし、もし、何かがMCLR ピンに接続されている場合は13Vが障害や干渉をしないように気をつけて下さい。

  • Load-n-Goは低電圧プログラミング・モードを使ってのプログラミングは出来ません。CプログラムでNOLVPヒューズを設定する必要があります。
    例:ソースで#FUSE NOLVP

  • もし、Load-n-Goをターゲット・デバイスのデバッグのために使用するためにはターゲット・チップのオシレータはLoad-n-Goがデバッガとして動作するために動作(発信)していなければなりません。Load-n-GoはPIC® MCU又は、PIC® DSCのプログラミングをオシレータなしで行うようにクロック信号をジェネレートします。

  • 下記のようなある種のチップは標準のバージョンではデバッギング機能を持っていないチップです。デバッグのためには特定のICDバージョンのチップが必要です。ICDチップは標準のチップより多くのピンを持っています。

  • しかし有る種のPIC® MCU又は、PIC® DSCはピンB6とB7をプログラミングとデバッギングに使用しません。常にデータシートで正しいプログラミングとデバッギング・ピンを見て下さい。以下のテーブルにリストされている PIC® MCUは異なったプログラム・ピンを使用します
ICDデバッギング・ヘッダー
PIC® MCU PIC® MCU-ICD
PIC10F200/2/4/6 PIC16F505-ICD
PIC10F220/2 PIC16F506-ICD
PIC12F508/509 PIC16F505-ICD
PIC12F510 PIC16F506-ICD
PIC12F519 PIC16F526-ICD
PIC12F609/HV609 PIC16F616-ICD
PIC12F615/HV615 PIC16F616-ICD
PIC12F629 PIC12F675-ICD
PIC12F635 PIC16F636-ICD
PIC12F675 PIC12F675-ICD
PIC12F683 PIC12F683-ICD
PIC16F505 PIC16F505-ICD
PIC16F506 PIC16F506-ICD
PIC16F526 PIC16F526-ICD
PIC16F610/HV610 PIC16F616-ICD
PIC16F616/HV616 PIC16F616-ICD
PIC16F627A/628A PIC16F648A-ICD
PIC16F630 PIC16F676-ICD
PIC16F631 PIC16F690-ICD
PIC16F636 PIC16F636-ICD
PIC16F639 PIC16F636-ICD
PIC16F648A PIC16F648A-ICD
PIC16F676 PIC16F676-ICD
PIC16F677 PIC16F690-ICD
PIC16F684 PIC16F684-ICD
PIC16F685/687 PIC16F690-ICD
PIC16F688 PIC16F688-ICD
PIC16F689/690 PIC16F690-ICD
PIC16F716 PIC16F716-ICD
PIC16F785/HV785 PIC16F785-ICD
PIC18F13K50 PIC18F14K50-ICE
PIC18F14K50 PIC18F14K50-ICE
PIC18LF13K50 PIC18LF14K50-ICE
PIC18LF14K50 PIC18LF14K50-ICE