ICD-U80インサーキット・プログラマー/デバッガ ¥19,900

ICD-U80 In-Circuit Programmer/Debugger

タグ・コネクト

¥5,900

TC2030-MCP

6ピン・モジュラ⇔シングル・インライン6ピン
拡大して見る
  ※別途発売品 MODSIP6 ¥700
MODSIP6配線

データ・ストリーミング[Streaming data]について


ICD-U80はマイクロチップのPIC® MCUと dsPIC®DSCのための高性能なインサーキット・プログラミングとデバッギング・ソリューションです。 ICD-U80はCCSのC-Aware IDEコンパイラと使用することでデバッグ・モードがサポートされた全てのターゲット PIC® MCU と dsPIC®DSCをデバッグすることが出来ます。 ICD-U80はインサーキット・シリアル・プログラミング(ICSP)機能を持ったすべてのフラッシュ・チップをサポートしています。


ICD-U80はUSBポート経由でPCに接続し、ソフトエア・セッティングでターゲット・ボードにも電源を供給(*ジャンパー挿入が不要) 出来ますので今迄の様にターゲット・ボードへ外部電源は必要ありません。

ICD-U80アドバンテージ:
  • プログラミング速度のアクセレート(ICD-U64より約1.5倍高速)
  • ソフトウエア設定によりターゲットに電源供給[Supply Powerにチェックを入れる] - ジャンパー不要

    ※但し、ターゲットへ外部電源を供給される場合はチェックを外して下さい。
  • ターゲットへ400mA, 1.5-5.5V電源供給のための統合Vddジェネレータ
    ※ ICD-U80をターゲットへの電源供給で使用する場合は IDE v5.066以降, CCSLOAD v5.036以降, Firmware 3.19以降が必要です。

    以下はICD-U80を使った場合のデバッグ画面です。
    ※Debug ConfigureタブでICD-U80 Supplies VDDがTRUEになっているかご注意下さい。
    ターゲットへの外部電源を使用しないでデバッグを最初にした時、"device ID (0000) does not match..."の errorが出る場合はcancelボタンを押して、Debug Configureタブで上記の様に"ICD-U80 Supplies VDD"を TRUE にし、そして、"Target VDD (V)"で希望の電圧に変更して下さい。 そして、"Apply"ボタンをおして、デバッガをリロードして下さい。リロードしますと新しいセッティングで 使用することが出来ます。
  • CCS C-Aware IDEコンパイラーでICD & ICSP機能
  • 全てのMicrocip PIC® MCU 又は、Flashデバイスをサポート
  • フリー・ソフトウエアCCSLOAD Software
  • データ・ストリーミング - リアル-タイムでのデータ診断、等々
  • RoHS適合
  • *デバッグはEMBが搭載されているデバイスのMCモードでのみサポートされています。
    チップがMPモード、MPBBモード、EMCモードになるようにヒューズが設定されている場合、 デバッガはMCUモードでしかデバッグできないというエラーを投げます。

CCSLOADプログラマー制御ソフトウエア で全てのCCSのイン-サーキット・プログラマ/デバッガが1つのソフトウエアで、しかも、スタンド・アローンで使用出来ます。 CCSLOADとICD-U80には多くの新しい機能が含まれています。
ウィンドウズとリナックスでのパワフルなコマンド・ライン・オプション, より充実した診断機能, 量産のために使いやすくなったインターフェース, 充実したセキュリティ・オプション


ICD-U80には今迄と同様のモジュラー・ケーブルは付属していますが、今迄よりもコストを軽減するために 量産用ICSPプログラミング・ケーブルの新しい方法としてのタグ接続[Tag-Connect]を お薦めします。
タグ・コネクトは直接ピンから回路への接続方法です。PCBのスペースをより小さくすることが出来ます。